完全なる生涯

完全なる生涯198:ペテロとヨハネが空の墓を見る

墓の前の石が転がされてあったのを目撃したマグダラのマリヤ。他の女達の到着を待たずして、2人の弟子のもとへ駆け付けて行く。このマリヤから事情を聞いた、2人の弟子達が目撃したものとは果たして何か?
前回の完全なる生涯 197:日曜日の朝、空の墓からの続きです。今回は短いので、”One Perfect Life”で使われているThe MacArthur Study Bibleの注釈も日本語に訳して加えました。前回の投稿と共に、シェアをして下さったり、子供達にも読んであげて下さると嬉しいです。

ルカによる福音書(Lk) 24章12節、ヨハネによる福音書(jn) 20章3-10節から

(マグダラのマリヤから聞いた後、) jnそこでペテロともうひとりの弟子は Lk 立ち上がると jn 外に出て来て、墓のほうへ行った。ふたりはいっしょに走ったが、もうひとりの弟子がペテロよりも速かったので、先に墓に着いた。そして、からだをかがめてのぞき込み、亜麻布(*1) Lk だけが jn 置いてあるのを見たが、中にはいらなかった。シモン・ペテロも彼に続いて来て、墓にはいり、亜麻布が置いてあって、イエスの頭に巻かれていた布切れは、亜麻布といっしょにはなく、離れた所に巻かれたまま(*2)になっているのを見た。

そのとき、先に墓に着いたもうひとりの弟子もはいって来た。そして、見て、信じた。彼らは、イエスが死人の中からよみがえらなければならないという聖書を、まだ理解していなかったのである(*3)。それで、弟子たちは Lk この出来事に驚いて jnまた自分のところに帰って行った。


*1:主の身体を包むのに用いられたもの。ヨハネ11:44のラザロの場合と比較してみてください。ラザロは墓から布で巻かれたまま、出て来ました。しかし、主の栄光の体は、実際の形ある肉体でしたが、鍵で閉じられた部屋の壁を通り越したように、亜麻布を通り抜ける事が出来たのです。また、墓の石が転がされたのは、主が墓から出ていく為ではなく、弟子たちが墓の中に入って、主が復活された事を知る為だったのです。

*2:急いだ形跡もなく、綺麗にたたまれていたのです。もし、ある人たちが主張するように、墓泥棒がイエスの体を盗んだのあれば、そのように布が残されることはなかったでしょう。ユダヤ人が死者を埋葬する時、香料とともに布で包むのは腐敗臭を防ぐ為であった事を考えれば、その体を移動させるのには、布に巻かれたまま盗み出す方が理にかなっていたはずです。これらの出来事が示すのは、誰かが主の体を持って行ったのではなく、体がその巻かれていた布を通り抜けて、布が後に残されたということです。

*3:ペテロもヨハネも、マリアの報告を信じたが、その時はまだイエスが復活すると聖書(詩篇16:10)で預言していた事を理解していなかったのです。これは、ルカの24:25-27; 32;44-47にある報告からも明らかです。主はご自身の復活をあらかじめ伝えていました (ヨハネ 2:19; マタイ 16:21; マルコ 8:31; 9:31; ルカ 9:22)、弟子たちはそれを受け入れませんでした (マタイ 16:22; ルカ 9:44–45)。ヨハネがこの福音を書いた時には、すでに教会は旧約聖書におけるメシアの復活(イザヤ53:11)に関する理解を発展させていたのです。

次回は、「イエスがマグダラのマリアに現れる」です。もし良ければ、少しでも祝福となりましたなら、是非ともシェアして下さいね。


参考資料

  • John MacArthur. On Sunday Morning, the Tomb is Empty, One Perfect Life. P472
  • 新改訳聖書 (1965年版)

ビクトリアから聖書の核となるメッセージ、イエス・キリストの福音お届けします!

完全なる生涯」と題して、イエス・キリストの、人としての地上での歩みを、1つの福音書としてまとめるシリーズを始めました。また、「みことばの糧」と題して「みことばの意味がみことばである」をモットーに、聖書のみことばの説明とLogos Bible Appのイラストと共にお届けします。聖書箇所の説明は、The MacArthur Study BibleやThe Reformation Study Bibleをもとに、簡単な日本語訳をセットにしています。

今の時代、教会であまり教えない、歴史的であり伝統的な聖書の核となる教義を交えつつ投稿をしているので、こちらも良ければ目を通して下さいね。

カナダのビクトリアにある、ビクトリア日系人教会で初めて聖書を。その後、聖書の教えるイエス・キリストの福音を知り、現在はビクトリアのダウンタウン近くにあるBeacon Churchへ導かれました。私たちは、4人の子宝に恵まれた日本人のクリスチャン家族です。ビクトリアに住む日本人/日系人の為の教会案内にも目を通して下さいね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください