完全なる生涯

完全なる生涯201:番兵が祭司長達に報告する

墓の前で、いなずまのように輝く御使いを目撃し、恐怖に包まれた番兵達。一息つく間もなく、ユダヤ人の祭司長達に報告するが、当時も今も多くの人たちが信じているイエス・キリストの復活の隠蔽工作のうわさとは。

4つの福音書をまとめて、イエス・キリストの「完全なる生涯」として一つのストーリーに。主の復活の後から今は始めています。今回も、スタディバイブルからの簡単な解説も含めてお届け致します。

前回の「イエスが他の女たちに現れる」からの続きです。


マタイによる福音書(mt) 28章11-15節から

mt 女たちが行き着かないうちに、もう、数人の番兵が都に来て、起こった事を全部、祭司長たちに報告した(*1)。そこで、祭司長たちは民の長老たちとともに集まって協議し、兵士たちに多額の金を与えて(*2)、こう言った。「『夜、私たちが眠っている間に(*3)、弟子たちがやって来て、イエスを盗んで行った。』と言うのだ。もし、このことが総督の耳にはいっても、私たちがうまく説得して、あなたがたには心配をかけないようにするから。」そこで、彼らは金をもらって、指図されたとおりにした。それで、この話が広くユダヤ人の間に広まって今日に及んでいる。


*1:イエス・キリストの復活を隠蔽するという決断は、明らかな証拠を前にしても信じようとしない、ユダヤ人指導者達の心の頑なさが明確に表されています。(ルカ 16:31)。
*2:銀。ピラトに墓を守るようにと個人的に命じられた番兵達は、その役目を果たさなかった為に、死をもって責任を取る必要がありました。その番兵達の報告を隠す為にも買収が必要だったのです。また、指導者達は番兵達にこの虚偽の報告がピラトの耳に入った場合も、彼らを守ると約束もしました。
*3:このユダヤ人指導者達の報告は明らかにでっち上げであり、あまり巧妙な隠蔽でもありませんでした。寝ている時に起こった事を、どのようにして番兵達は知る事ができたのでしょうか。人は追い詰められると、あまり賢くない言い訳をしてしまうものですね。

もし、少しでも祝福となりましたなら、是非ともシェアして下さいね。

次回は、「エマオへの道の途中」です。

参考資料

• John MacArthur. The Soldiers Report to the Jewish Authorities, One Perfect Life. P477

• 新改訳聖書 (1965年版)


ビクトリアから聖書の核となるメッセージ、イエス・キリストの福音お届けします!

完全なる生涯」と題して、イエス・キリストの、人としての地上での歩みを、1つの福音書としてまとめるシリーズを始めました。また、「みことばの糧」と題して「みことばの意味がみことばである」をモットーに、聖書のみことばの説明とLogos Bible Appのイラストと共にお届けします。聖書箇所の説明は、The MacArthur Study Bible、The ESV Study BibleやThe Reformation Study Bibleをもとに、簡単な日本語訳をセットにしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください