神学, 福音, 恵みの教義

奴隷6:主が求めることと、義認と聖化と律法主義

「神の戒めを守らなければいけないなんて、律法主義じゃないですか?クリスチャンは律法の下ではなく、恵の中に入れられ、奴隷ではなく自由にされたのです!」と言われる方が沢山おられます。今回は、多くの誤解がある、義認、聖化と律法主義について触れていきます。また、神が買い取られた奴隷に、神は何を求められるのかについて、キリストと信徒の関係の2つ目の特徴を見ていきます。

福音, 子供の絵本, 恵みの教義, 伝道

Dr. Sproulの名作絵本:汚れた服を着た祭司

初めて王様の前で説教をするという大役が与えられた、新米の祭司ジョナサン。気合いを入れて一生懸命準備をして向かえるその当日は、何と土砂降りの大雨。その雨の中、愛馬に乗って城に行く途中、ぬかるみで転んでしまい、特別の祭司の服は台無しに。汚れた服を着て王様の前に果たしてジョナサンは立てるのでしょうか?これは、故R. C. Sproul師が手がけられた絵本の一冊「The Priest with Dirty Clothes」のあらすじです。大人も一緒に楽しめる子供向けのお話しから、聖書の一番大切と言って良い福音の意味が描かれています。妻がサンデースクールの子供達の為に日本語に訳したその物語と家庭礼拝でも使える質問集を共にお楽しみ下さい!祝福となりましたら、他の方にもこの投稿をシェアして下さると嬉しいです。

みことばの糧, 福音, 伝道

みことばの糧:ルカによる福音書9章23節

「弟子となること」と「信徒となること」は違うのでしょうか?この簡単な説明と共に、「自分を捨てて...ついて来なさい」とルカ書9章23節から、みことばの糧をビクトリアからお届けします。「みことばの意味がみことばである」をモットーに、聖書は神の誤りなきことばという見解に立つThe MacArthur Study Bibleの注釈を日本語訳にしています。良ければ、日本語と英語で、Logos bible appsのイラストと一緒にご賞味下さい。

みことばの糧, 福音

みことばの糧:マタイによる福音書11章28節

教会のチラシでよく見るみことば。ここの「重荷を負っている人」とは誰のこと?この簡単な説明と共に、「わたしのところに来なさい」」とマタイ書11章28節から、みことばの糧をビクトリアからお届けします。「みことばの意味がみことばである」をモットーに、聖書は神の誤りなきことばという見解に立つThe MacArthur Study Bibleの注釈を日本語訳にしています。良ければ、日本語と英語で、Logos bible appsのイラストと一緒にご賞味下さい。

福音, 恵みの教義

杯とのろい:神に見捨てられた者

「パパ お口 におう」と2歳半の娘の一言。ある先入観から誤って解釈をしてショックを受ける父親。「この意味の真相は何か」から始まり、教会ではあまり教えない聖書の中心的なメッセージに触れていきます。今回は「How deep the Father’s love for us:父なる神の深き愛」の賛美を誤って理解したところから、聖書が教えるイエス・キリストの十字架について、「杯」、「のろい」と「イエスは誰の為に死なれたか?」についてフォーカスを置いて見ていきます。

福音, 伝道

聖書の矛盾?罪赦す正義の神?

箴言17:15で「悪者を正しいと認め、正しい者を悪いとする、この二つを、主は忌みきらう。」正しい神が悪者を赦し天国に入れるとは、主ご自身が忌み嫌うことをするのでしょうか?これは聖書の教える最大の「疑問」であり、「矛盾?」となる所です。今回は普段考えないような、この聖書の「何でだろうか?」ということを見ていきます。

福音, 聖書, 伝道

イエス・キリストを知る:神の麗しさを仰ぎ見て神を喜ぶ

神のことばを学ぶ目的は、神を知り、その方御自身を喜ぶことです。今回は、信仰の目を持ってキリストの麗しさを見つめ、その方に満足をすることについて見ていきます。We are going to study the importance of seeing the beauty of God and enjoying Himself.

福音, 伝道

聖書の核となるメッセージ

この世の旅路を終えた時、神に「何故あなたを天国に入れなければいけないのか」と仮に質問をされたとすれば、どのように答えますか。

あかし, 福音, 伝道

イエス・キリストを証しする:Hiroki T.編

生けるまことの神に出会い、恵みによってすべてを変えられる。その経験を、そして何よりもイエス・キリストを人に伝え… 続きを読む イエス・キリストを証しする:Hiroki T.編