完全なる生涯

完全なる生涯203:トマス不在の2階部屋で

復活後のイエスは弟子たちに、罪を赦す権威を与えられたのか!?また、天国で私達に与えられる栄光の体とはどんな体でしょうか?今回は、その疑問に目を向けつつ、「完全なる生涯203:トマス不在の2階部屋で」を見ていきます。

ユダヤ人指導者を恐れて、鍵をかけて密かに集まっていた弟子たち。その中に突如現れたイエス。そのイエスが与えた約束と「あなたがたがだれかの罪を赦すなら、その人の罪は赦される」とは果たしてどの様な意味なのかをスタディバイブルからの簡単な解説から真相に触れます。

4つの福音書をまとめて、イエス・キリストの「完全なる生涯」として一つのストーリーに。福音書に記されている全ての言葉をまとめて、一つの福音書にしました。前回「エマオへの道中」からの続きです。


ルカによる福音書(Lk) 24章36-43節、ヨハネによる福音書(jn)20:19-23とマルコによる福音書16章14節から

Lk これらのことを話している間に、イエスご自身が jn 来られ、Lk 彼らの真中に立たれた。jn その日、すなわち週の初めの日の夕方のことであった。弟子たちがいた所では、ユダヤ人を恐れて戸がしめてあったが、イエスが彼らの中に立って言われた(*1)。「平安があなたがたにあるように。(*2)」

Lk 彼らは驚き恐れて、霊を見ているのだと思った。すると、イエスは言われた。「なぜ取り乱しているのですか。どうして心に疑いを起こすのですか。わたしの手やわたしの足を見なさい。まさしくわたしです。わたしにさわって、よく見なさい。霊ならこんな肉や骨はありません。わたしは持っています。」jn こう言ってイエスは、その手とわき腹を彼らに示された。

Lk それでも、彼らは、うれしさのあまりまだ信じられず、不思議がっているので、イエスは、「ここに何か食べ物がありますか。」と言われた。それで、焼いた魚を一切れ差し上げると、イエスは、彼らの前で、それを取って召し上がった。jn 弟子たちは、主を見て喜んだ。

イエスはもう一度、彼らに言われた。「平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わしたように、わたしもあなたがたを遣わします。」そして、こう言われると、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい(*3)。あなたがたがだれかの罪を赦すなら、その人の罪は赦され、あなたがたがだれかの罪をそのまま残すなら、それはそのまま残ります(*4)。」

[mk (*5)しかしそれから後になって、イエスは、その十一人が食卓に着いているところに現われて、彼らの不信仰とかたくなな心をお責めになった。それは、彼らが、よみがえられたイエスを見た人たちの言うところを信じなかったからである。]


*注

  1. 主の復活後の体は、地上の食べ物を消化する事さえもできたように(ルカ24:42,43)、実在して触れる事ができましたが(ヨハネ20:27)、不思議にも、栄光のうちに変えられたということを示す性質を持っていました(1コリント 15:35-54; ピリピ 3:21)。それは、この箇所でも記されているように、キリストは突如として現れたり、姿を消したりすることができました。また、体に巻かれていた布や(ルカ24:12)、壁や、扉が閉じられていた部屋(ヨハネ20:19,20)などの硬い物体を通り抜けることもできました。そして、この弟子たちがエルサレムに戻る間に、既にペテロにも現れたように(ルカ24:34)、長い距離を瞬時に移動することもできました。主がこの後に、天に直接昇られた事実からも、復活後の体は既に天国に適した体だと言えます。その一方で、復活前の体から残された釘の痕からも、墓から消えた同じ体を主は持っていたのです(ヨハネ20:25-27)。主は当然ながら幽霊や霊ではなかったのです。
  2. イエス・キリストの十字架上での御業の故に、神と人との間に平和がもたらされました。主は弟子達に「平安があなたがたにあるように」と言われましたが、これは十字架の上で救いの御業を「完了した」と言われた言葉に対する最適な挨拶となりました。
  3. この約40日後のペンテコステの日まで弟子たちに聖霊なる神が降られませんでした。ですので、ここの箇所はイエスが弟子たちに御霊が与えられると言う確約をしたというように理解する必要があります。
  4. この節は、クリスチャンに罪を赦す権威を与えているのではありません。むしろ、罪人が罪を悔い改め福音を信じるなら、御子の働きの故に、御父は罪人の罪を赦す事が出来るという確かさを大胆に宣言できると主は言っているのです。同様に、キリストへの信仰から来る神の赦しのメッセージを拒むなら、結果として罪が赦されないと宣言できるのです。
  5. 内外的な証拠によると、マルコ16章9節から20節は、(マルコ自身が書き留めた)マルコの福音書の原本の一部ではなかったことを強く示唆しています。詳しくはこちらで説明しています。

もし、少しでも祝福となりましたなら、是非ともシェアして下さいね。

次回は、「トマスも一緒の2階部屋で」です。

参考資料

  • John MacArthur. The Upper Room with Thomas Absent, One Perfect Life. P481
  • 新改訳聖書 (1965年版)

カナダのビクトリアにある、ビクトリア日系人教会で初めて聖書を。その後、聖書の教えるイエス・キリストの福音を知り、現在はビクトリアのダウンタウン近くにあるBeacon Churchへ導かれました。私たちは、4人の子宝に恵まれた日本人のクリスチャン家族です。ビクトリアに住む日本人/日系人の為の教会案内にも目を通して下さいね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください