みことばの糧, 弁証学

みことばの糧:創世記1章1節

初めに、神が天と地を創造した。

Genesis 1:1 (ESV): In the beginning, God created the heavens and the earth.

創世記1:1ー2:3:この神の天地創造の描写は以下の点で理解されなければいけません。1)何百万年前ではなく数千年前の最近の出来事。2)ex nihilo全く何も無い「」の状態からの創造。3)特別である。「日」と呼ばれる24時間の期間が、6回続いていて、また「夕があり、朝があった」という語句でそのことをさらに特徴付けているのです。聖書のみことばは、1万年以上も昔の世界の始まりを支持はしていません。初めに:神は永遠に存在されている一方で(詩篇90篇2節)、ここでは時間と空間においての宇宙の始まりを記しています。モアブの野において、イスラエルの国民性と目的を説明する中、神はご自分の民に、自分たちが神に見出されたこの世界の起源を知らせることを望まれたのです。:この「神」(Elohim)は、異端の神(創世記31:30)、天使(詩篇8:5)、人(詩篇82:6)、やさばきつかさ(出エジプト21:6)などに対しても幾たびか使われてはいますが、神格やまことの神を指して一般的に使われる言葉です。モーセは神の存在という概念を弁護しようとは一切していません。それは、神の存在が前提とされ、その人格や御業においてどのようなお方であるかをイザヤ43章10説や13節などでも説明しています。どちらも、信仰によって悟るべき事柄であるのです(ヘブル11:3;6)。創造した:この言葉は、既存の物を使って作る時の言葉としても時折使われていますが(イザヤ65:18)、ここでは神のみがなされる無からの創造の御業を指して使われています。他の聖書箇所で明記されているように(イザヤ 40:28; 45:8; 12; 18; 48:13; エレミヤ10:16; 使徒 17:24)、この創造の御業は既存の物を使ったのではないという事が、この文脈からすれば明らかです。天と地:神の六日間に渡る創造の御業が、この言葉にまとめて含まれています。

聖書では、神が6日の日に渡って、しかも聖書にある系図をさかのぼれば今から約6千から8千年前に神が世界を創造したとあります。これを聞かれて、それはおとぎ話に過ぎないと言われる方が多くいます。しかし、一般的に学校でも教えられるビッグバンのような世界の始まりは、理論的に考えれば矛盾していることを見落としてしまっているのです。これは、「自分では知者であると言いながら、愚かな者となり」とローマ書1章22節でも、このような人が取る立場をあらかじめ語られているかのようです。この世の科学は、「無+時間+チャンス=今ある規則正しい世界」を教えています。物理の法則、科学の法則、エネルギーも物質も全く何も無い「無」の状態からは、何も生み出されません。この規則正しい世界という「結果」がある為には、聖書に書かれている自存自在の神という「原因」となる方が必要なのです。つまり、聖書は、「神+無=今ある規則正しい世界」を教えています。このことは、理論的に見ても全くの矛盾はないです。(投稿者)

Gen. 1:1–2:3 This description of God creating heaven and earth is understood to be: 1) recent, i.e., thousands not millions of years ago; 2) ex nihilo, i.e., out of nothing; and 3) special, i.e., in six consecutive 24-hour periods called “days” and further distinguished as such by this phrase, “there was evening and there was morning.” Scripture does not support a creation date earlier than about 10,000 years ago. In the beginning. While God exists eternally (Ps. 90:2), this marked the beginning of the universe in time and space. In explaining Israel’s identity and purpose to her on the plains of Moab, God wanted his people to know about the origin of the world in which they found themselves. God. Elohim is a general term for deity and a name for the True God, though used also at times for pagan gods (Gen. 31:30), angels (Ps. 8:5), men (Ps. 82:6), and judges (Ex. 21:6). Moses made no attempt to defend the existence of God, which is assumed, or explain what he was like in person and works, which is treated elsewhere (cf. Isa. 43:10; 13). Both are to be believed by faith (cf. Heb. 11:3; 6). created. This word is used here of God’s creative activity alone, although it occasionally is used elsewhere of matter that already existed (Isa. 65:18). Context demands in no uncertain terms that this was a creation without preexisting material (as does other Scripture: cf. Isa. 40:28; 45:8; 12; 18; 48:13; Jer. 10:16; Acts 17:24). the heavens and the earth. All of God’s creation is incorporated into this summary statement that includes all six, consecutive days of creation. The MacArthur Study Bible


ビクトリアから聖書の核となるメッセージ、イエス・キリストの福音お届けします!

完全なる生涯」と題して、イエス・キリストの、人としての地上での歩みを、1つの福音書としてまとめるシリーズを始めました。また、「みことばの糧」と題して、聖句の簡単な説明と共に、みことばの糧をビクトリアからお届けします。「みことばの意味がみことばである」をモットーに、聖書は神の誤りなきことばという見解に立つThe MacArthur Study BibleやThe Reformation Study Bibleの注釈を日本語訳にしています。日本語と英語で、Logos bible appsのイラストと一緒に味わって下さい。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください