聖書

キリストを知る:聖書の読み方編ステップ2解釈パート2:越えるべき溝1

「人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国に入ることができません」と主はヨハネの福音書3章でニコデモに言われました。「新しく生まれる」こと、つまり「水と御霊によって生まれる」とはどの様な意味なのでしょうか。21世紀の日本人の視点でこの箇所を読んでいるため、「信じたから新しく生まれた」と誤解されやすいところです。この解釈を誤ってしまうと、主の救いの素晴らしさを見失い、恵みが恵みでなくなってしまいます。 聖書はそもそも今から約二千年前に千五百年かけてユダヤの人たちに書かれた書物です。聖書の正しい意味を知るには、神が意図して語ったことを理解しなければいけませんよね。その為に、超えなければいけない4つの溝があります。今回はその内の二つ、「言語」と「文化的背景」の溝を見て、それが私たちの福音の理解にも大きく影響を及ぼしていることを、この箇所を例にして見ていきます。What does it mean to be born again? Without understanding the gaps to bridge when we read the Bible, we end up in wrong conclusion. We are going to look at the gaps to bridge when we read and interpret the Bible.