みことばの糧, 恵みの教義

みことばの糧:イザヤ61章10節

救主は、私達の罪の為に死なれただけではありません!聖書の福音の大切な教え、「偉大なる交換(二重の転嫁)」をご存知ですか?その教えにある「義の転嫁」とは?「救いの衣を着せ、正義の外套をまとわせ」るから、この簡単な説明と共に、「わたしは主によって大いに楽しみ」とイザヤ書61章10節から、みことばの糧をビクトリアからお届けします。

わたしは主によって大いに楽しみ、わたしのたましいも、わたしの神によって喜ぶ。主がわたしに、救いの衣を着せ、正義の外套をまとわせ、花婿のように栄冠をかぶらせ、花嫁のように宝玉で飾ってくださるからだ。

I will greatly rejoice in the Lord;
my soul shall exult in my God,
for he has clothed me with the garments of salvation;
he has covered me with the robe of righteousness,
as a bridegroom decks himself like a priest with a beautiful headdress,
and as a bride adorns herself with her jewels.
Isaiah 61:10 (ESV)

61章10-11節:メシア、預言者イザヤか、もしくは(神の民を表す)シオンが語り手です。The ESV Study Bibleより

主がわたしに、救いの衣を着せ、正義の外套をまとわせ:新しい契約の要である、旧約聖書における義の転嫁の教えがここで描かれています。砕かれた心を持った罪人が、行いによっては自分を義とすることができないことを認め(ローマ 3:19–22; 2 コリント5:21; ピリピ 3:8, 9)、悔い改めて神のあわれみを請うとき、恵みの故に信仰を通して、主は神ご自身の義を持ってその罪人を覆ってくださるのです。MacArthur スタディバイブルより

この義の転嫁の教えは、福音の大切な要素です。私達の罪をご自身に転嫁(自分のものとして)して下さり、主は十字架の上で身代わりとなって死んで下さいました。そして、主の完全なる生涯を通して達成された義を、罪を悔い改めイエス・キリストを信じる者の上に転嫁してくださるのです。この二重の転嫁の為に、罪人は神の前に義と認められ、また、義であると宣言されるのです。詳しくは、こちらの「福音の核となる教え」をご覧下さいね。また、「汚れた服を着た祭司」の物語から、義の転嫁について読んでみて下さいね。(投稿者)

ISAIAH—NOTE ON 61:10–11 The speaker is either the Messiah, the prophet Isaiah, or Zion herself. The ESV Study Bible

Isaiah 61:10 (MSB): clothed me … covered me. Here is the OT picture of imputed righteousness, the essential heart of the New Covenant. When a penitent sinner recognizes he can’t achieve his own righteousness by works (see notes on Rom. 3:19–22; 2 Cor. 5:21; Phil. 3:8, 9), and repents and calls on the mercy of God, the Lord covers him with His own divine righteousness by grace through his faith. The MacArthur Study Bible




コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください